出雲大社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

出雲大社の御朱印



出雲大社の御朱印
島根県にある出雲大社の御朱印です。

 

一年に一度、神様が集まる出雲大社

国内最古の歴史書である『古事記』にもその名を確認できる出雲大社。かつては杵築大社(きづきたいしゃ、きづきのおおやしろ)と呼ばれていましたが、1871年(明治4年)に現在の名称・出雲大社と改称しました。正式には「いずもおおやしろ」と呼びます。「だいこくさま」と呼ばれる大国主大神を主祭神としてお祀りし、平成25年には60年に一度の大遷宮が行われました。ご本殿は1744年に建立され、国宝にも指定されています。

大国主大神の「因幡の白兎」の神話にちなみ、境内にはさまざまな表情をしたうさぎの像があります。

 

 


この御朱印はここでもらえます

出雲大社

御祭神:大国主大神
旧社格:式内社(名神大)、一の宮、官幣大社、勅祭社、別表神社

島根県出雲市大社町杵築東195

島根県出雲市大社町杵築東195
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND