藤崎八旛宮の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

藤崎八旛宮の御朱印



藤崎八旛宮の御朱印

熊本県熊本市にある藤崎八旛宮の御朱印です。

 

京都の石清水八幡宮から分霊された神社

藤崎八旛宮の御朱印

藤崎八旛宮の創建は935年(承平5年)、朱雀天皇の勅願によって京都にある石清水八幡宮のご分霊を国家鎮護のためにお祀りしたのがはじまりです。鎮座の場所は現在の場所と異なり、藤崎台県営野球場がある茶臼山でした。

天皇の勅使が鎮座の日に神社へやってきて藤の鞭を地中に指したところ、藤は芽吹いて枝葉が生い茂ったことから社名を藤崎八旛宮としたといわれています。その後、朝廷はもちろん歴代の国司や藩主から厚く崇敬され、江戸時代には熊本城の鎮守社となりました。しかし、1877年(明治10年)に西南の役によって社殿は焼失。現在の地に移転し、復興しました。

神社には県指定重要文化財になっている鎧や、1542年(天文11年)に納められた後奈良天皇の御宸筆による八幡宮の勅額などが宝物も数多くあります。

 


この御朱印はここでもらえます

藤崎八旛宮

御祭神:応神天皇
旧社格:国幣小社、別表神社

熊本県熊本市中央区井川淵町3-1

熊本県熊本市中央区井川淵町3−1

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND