鳩ケ谷総鎮守 氷川神社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

鳩ケ谷総鎮守 氷川神社の御朱印



埼玉県・川口市(旧・鳩ヶ谷市)にある鳩ケ谷総鎮守 氷川神社の御朱印です。
地名に因んだ可愛らしい鳩の押し印が入っています。

 

徳川家康が立ち寄ったと伝わる境内

鳩ヶ谷 氷川神社の御朱印鳩ケ谷総鎮守 氷川神社は1394年に創建された神社で、かつての鳩ヶ谷宿の中心地に建っています。本殿は江戸時代に複数回再建築され、1600年に江戸幕府を開いた徳川家康が奥州へ出陣する際に立ち寄り、境内で休息したとの言い伝えられています。

境内には浅間神社や古峯神社などの摂社・末社があるほか、ご神木の夫婦樟やご神水が湧き出る井戸などがあります。

鳩ヶ谷 氷川神社の御朱印

鳩に因んだ授与品も多く、お守りやおみくじが鳩の形でとても可愛らしい。

御祭神にスサノオノミコトをお祀りしていることから、厄除けの神社として地元の人から崇敬されていますが、徳川家康の故事にちなみ、道中安全のお守りなどもありました。

鳩ヶ谷 氷川神社の御朱印

 

【関連記事】
 icon-external-link 鳩ヶ谷総鎮守 氷川神社の御朱印帳(鳩ver.)
 icon-external-link 鳩ヶ谷総鎮守 氷川神社の御朱印帳(古地図ver.)

 


この御朱印はここでもらえます

鳩ケ谷総鎮守 氷川神社

御祭神:須佐之男命、稲田姫命 他18柱
旧社格:村社

埼玉県川口市本町1-6-2

埼玉県川口市本町1-6-2

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

PR/RECOMMEND