建勲神社の御朱印

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someoneBuffer this pagePrint this page

建勲神社の御朱印

京都にある建勲神社の御朱印です。
押し印には織田信長が使用していた「天下布武」の朱印(書類に押印していたハンコ)を採用しています。

戦国武将・織田信長を祀る建勲神社

戦国時代の乱世から天下統一を成し遂げた織田信長。外交や経済政策など、様々な偉勲を讚え1869年(明治2年)、明治天皇の御下命により創建されました。翌年の1870年(明治3年)には、明治天皇より「建勲神社」の神号が下賜されたほか、1875年には別格官幣社に列せられます。
1880年(明治13年)には船岡山に新たな社殿を造営した上、信長の嫡子である信忠も祀られました。

正式な読み方は「たけいさおじんじゃ」ですが、地元の人からは「けんくんじんじゃ」と通称で呼ばれています。

 

船岡山から観る抜群の眺望

拝殿へとたどり着くまで、長い長い石段をひたすら登っていきます。その数、およそ100段。高さにして80メートルを登ることに。真夏は相当量の汗をかきそうな、ちょっとした運動になります。

これは拝殿から撮った写真です。古くから絶景を望める風光明媚の地として知られていたそうで、市街地を見渡せるほか大文字山も観ることができました。

【関連記事】

 icon-external-link 建勲神社の御朱印帳

この御朱印はここでもらえます

建勲神社(たけいさおじんじゃ)

ご祭神:織田信長
旧社格:別格官幣社、別表神社

京都府京都市北区紫野北舟岡町49

京都府京都市北区紫野北舟岡町49
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someoneBuffer this pagePrint this page

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で