中尊寺 讃衡蔵の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

中尊寺 讃衡蔵の御朱印



中尊寺 讃衡蔵の御朱印

中尊寺にある宝物殿、讃衡蔵(さんこうぞう)の御朱印です。丈六佛と書かれています。

藤原時代の貴重な宝物が収められる讃衡蔵

収められている貴重な宝物群はなんと3,000点にものぼるという宝物殿。入館は別途料金がかかりますが、仏像や当時の食器類、首桶なども展示されていて必見の価値があります。

御朱印は、チケットのもぎりを済ませたあとに受付で御朱印帳を預けておきます。中を見て回り、出口にくると書き終わった御朱印が受け取れる仕組みです。

 

中尊寺 讃衡蔵

岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202 讃衡蔵
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

PR/RECOMMEND