泉岳寺の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

泉岳寺の御朱印



泉岳寺

東京・品川にある泉岳寺の御朱印です。

赤穂浪士の墓所としても有名な寺院

1612年(慶長17年)、徳川将軍・徳川家康の命によって創建した寺で、青松寺、総泉寺とともに曹洞宗江戸三箇寺のひとつに数えられています。創建当時は外桜田に建っていた泉岳寺ですが、1641年(寛永18年)に大火によって焼失したのち、三代将軍・徳川家光が毛利家、浅野家、丹羽家、朽木家、水谷家の5つの大名家に命じて現在の高輪に再建されました。

忠臣蔵の物語でも知られる赤穂事件で切腹した浅野長矩とその家臣・赤穂浪士たちの墓所があるのは、この再建の際の親交があったためといわれています。

 


この御朱印はここでもらえます

泉岳寺

ご本尊:釈迦牟尼佛
宗派:曹洞宗

東京都港区高輪2-11-1

東京都港区高輪2-11-1

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

PR/RECOMMEND