梨木神社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

梨木神社の御朱印



京都市上京区にある梨木神社の御朱印です。
梨木神社にはオリジナルの御朱印帳があります。詳細は記事末尾の関連記事からご覧ください。

秋には約500株の萩が咲く「萩の宮」

梨木神社は明治18(1885)年に幕末の公卿・三条実万を御祭神として創建された神社です。旧社格制度では別格官幣社に列せられました。三条実万が学問や芸術に秀でていたことから、学問の神様として崇敬されています。

京都では萩の名所として知られており、毎年9月には「萩まつり」が行われています。

萩にちなんだ可愛らしい授与品がいっぱい

授与所では萩の花を描いたお守りのほか、萩の絵馬も並んでいます。

また、授与所の前には小さな手水鉢があります。これは京都三名水といわれる「染井」で、これにおみくじを浮かべると文字が浮き出てくる「水みくじ」も人気です。

※2017年8月時点の情報


この御朱印帳はここでもらえます

梨木神社
京都府京都市上京区寺町通広小路上る染殿町680

京都府京都市上京区寺町通広小路上る染殿町680

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND