三輪明神の御朱印

大神神社の御朱印

奈良県桜井市にある大神神社の御朱印です。

 

三輪山を御神体とする大神神社

大神神社

三輪山麓に建つ大神神社は、古代より「神岳」「神山」などと称され崇められる三輪山を御神体とする神社です。古来より本殿を設けず、御神体である三輪山に祈りを捧げることから本殿を設けない古い時代の信仰を今日に伝える神社として日本最古の神社ともいわれています。

第10代・崇神天皇の時代になると大神神社は「国造り神」「国家の守護神」として朝廷から厚く崇敬されました。現在の拝殿は1664年(寛文4年)に徳川4代将軍・家綱によって再建され、重要文化財に指定されています。

 

この御朱印はここでもらえます

大神神社

御祭神:大物主大神
旧社格: 式内社(名神大)、大和国一宮、二十二社(中七社)、旧官幣大社、別表神社

奈良県桜井市三輪1422

奈良県桜井市三輪1422
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからお願いします。

【こんな本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

★ブログもやってます
日本やアジアを旅して観た・食べたものを写真たっぷりめで更新しています。こちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で