光悦寺の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

光悦寺の御朱印



光悦寺の御朱印

京都・北区にある光悦寺の御朱印です。光悦寺は日蓮宗の寺院で、特徴的なひげ文字でお題目を書いていただけます。

 

芸術家・本阿弥光悦が徳川家康から与えられた土地に建つ

光悦寺

光悦寺の歴史は1615年(元和元年)、本阿弥光悦に野屋敷として徳川家康が土地を与えたことによりはじまりました。光悦はこの地に一族のほか、工芸に携わる職人の住まいを建てて工芸村のような集落を築いたのです。

本阿弥光悦は代々、刀剣の鑑定などを生業とする家に生まれました。家業である刀剣鑑定だけでなく、絵画や書、陶芸、蒔絵などの芸術面にも優れた才能をもち、多くの作品を遺しています。

光悦は本阿弥家の先祖の供養のため、敷地内に位牌堂を建立します。光悦の死後は寺となり、現在の光悦寺が起こったのです。

光悦寺

この地は京都の北部に位置し、鷹ヶ峰と鷲ヶ峰、天ヶ峰の三山からなる「鷹峰三山」を見渡す景勝地でもあります。敷地内にはこのような立て札もあり、眼下には素晴らしい景観を眺めることができます。

 

境内に散在する7つの茶室

光悦寺

光悦寺の境内には、全部で7つの茶室があります。しかし、これらはすべて大正時代以降に建てられたものです。

光悦寺

すべて中へは立ち入りが禁じられており、遠くから見物するようになっています。境内は紅葉の名所としても知られていて、季節には多くのカメラ愛好家がやってくるそうです。

光悦寺

奥にみえる竹垣は、光悦垣と呼ばれるもの。竹を斜めに組んでいるのが特徴で、光悦が創作したといわれている組み方です。

光悦寺

このポイントは紅葉の撮影スポットになっているそうですが、まだ紅葉には早い様子。青々した紅葉も悪くありませんが、燃えるように赤い葉もカメラにおさめてみたいものです。

 

【関連記事】
?icon-external-link?光悦寺の御朱印帳

 


この御朱印はここでもらえます

光悦寺

山号:大虚山
宗派:日蓮宗
ご本尊:十界曼荼羅

京都府京都市北区鷹峯光悦町29

京都府京都市北区鷹峯光悦町29
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND