なるか世界遺産!? 宗像大社の沖津島遥拝所はこんなところ

なるか世界遺産!? 宗像大社の沖津島遥拝所はこんなところ

平成27年7月28日、「宗像・沖ノ島遺産群を世界文化遺産候補に選定」とのニュースが報じられました。宗像大社は日本でももっとも古い神社ともいわれ、神話時代にまで起源は遡る神社です。
今回、新たにユネスコへ推薦される宗像・沖ノ島とはどんな場所なのでしょうか。

 

神宿る島「宗像・沖ノ島と関連遺産群」ってどんなところ?

まず今回の選定に関する報道を以下、ニュースサイトより転記します。

2017年の世界文化遺産の登録を目指す候補として、国内から「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)を推薦することを文化審議会が決めた。政府は暫定版の推薦書をユネスコ(国連教育科学文化機関)に提出し、閣議了解を経て正式な推薦書を出す。

宗像・沖ノ島と関連遺産群は、沖ノ島(宗像大社沖津宮)、沖津宮遥拝(ようはい)所、宗像大社中津宮、同辺津宮、新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群の五つの資産で構成する。女人禁制などの禁忌が今も残る沖ノ島では4~9世紀、朝鮮半島や中国大陸との交流の成就や航海の安全を願い、国家的祭祀(さいし)が行われた。祭祀跡からは銅鏡や金製指輪、唐三彩(とうさんさい)など8万点にのぼる国宝も出土し、「海の正倉院」と呼ばれる。

(中略)選定の理由として、古代祭祀跡がほぼ手つかずの状態で保存され、現代でも神聖な島として信仰の対象であることが世界的にみても顕著な事例であること、緩衝地帯の設定を含め十分な保全管理措置が取られていることなどを挙げた。

朝日新聞デジタルより引用, http://www.asahi.com/articles/ASH7X3WBGH7XUCVL00L.html

過去記事「宗像大社(辺津宮)の御朱印」でも紹介しましたが、宗像大社は3つの宮からなる神社の総称です。
宗像三女神と呼ばれる3姉妹の神様は、それぞれ次のようにお祀りをされています。

長女神:田心姫命 沖ノ島の沖津宮
次女神;湍津姫命 大島の中津宮
末女神:市杵島姫命 九州本土の辺津宮

女人禁制の島である沖ノ島の沖津宮へは、九州在住の知人が年に1回の上陸しての参拝へ参加するそうなのです。ところが見てきたものや、そこで行ったことはすべて他言できないのがしきたりです。もちろん撮影も録音も不可なので、どんなことをしているのか興味深々なのですが、取材もできずひたすら無念であります。

 

どうしても沖津宮を参拝したいなら、女性は大島へフェリーで渡ろう

女性が上陸を許されない沖ノ島の沖津宮。でも、実は九州本土からおよそ10キロ沖合にある大島へフェリーで渡り、さらに沖合にある沖津宮の遥拝所へ行くことができます。

交通は、神湊港の渡船ターミナルから約25分程度で到着することができます。本数は多くないので、時間をしっかりと見て行くことをおすすめします。レンタカーや自家用車で来ていない人でも、宗像大社の駐車場の隣にはタクシー会社の発着所があるので、タクシーもしくはバスで港を目指してください。

er_img

これが乗船するフェリー。普通の観光連絡船ですが、大した揺れもなく船酔いゼロで到着できました。

 

週末は無料で島内をめぐる観光バスに乗ろう

島へつくと、無料のマイクロバスが待っています。なんと無料で島内の観光スポットをめぐってくれる有りがたいバスです。もちろん、沖津宮の遥拝所や中津宮へも立ち寄ってくれるので迷わず乗ってしまいましょう。

海風を感じながら、バスに揺られていくと海岸沿いで停車。水もきれいで穏やかな海岸風景です。

そしてその先にあるのが、沖ノ島・沖津宮の遥拝所です。無人の神社で、このお社の奥に沖津宮があるのだそう。

由緒からしても、もっと壮麗な宮かと思ったのですが意外にも簡素な社殿で扁額もこのとおり。

小さな祠がなのですが、とてつもない神々しさを感じました。

位置関係はこんな感じです。

 

大島に来たら中津宮も参拝しよう

無料バスは、沖津宮のあとは牧場やひまわり畑、風車など見どころを回ってくれます。そして最後に中津宮へと向かってくれます。

中津宮には、宮司さんがいる社務所がありますので御朱印もいただくことができました。

さらに沖津宮の御朱印も、こちらで授与いただくことができました。遥拝所からの参拝ですので「遥拝」と書かれています。

 

いかがでしたか?
神が宿る島として神秘のベールに包まれた沖ノ島ですが、女性でも遥拝所から参拝することができるのです。沖合にある沖ノ島へ思いを馳せながら参拝してご神徳をいただいてみてください。

 

【関連記事】

??宗像大社の御朱印帳
??宗像大社(辺津宮)の御朱印

 

宗像大社 中津宮

御祭神:湍津姫命
旧社格:旧社格:式内社(名神大)、官幣大社、別表神社

福岡県宗像市大島1811

福岡県宗像市大島1811
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからお願いします。

【こんな本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

★ブログもやってます
日本やアジアを旅して観た・食べたものを写真たっぷりめで更新しています。こちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で