出雲に御朱印帳の専門ショップがオープンしました | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

出雲に御朱印帳の専門ショップがオープンしました



珍しい、御朱印帳の専門ショップ

3月19日、島根県松江市に御朱印帳の専門ショップ『しるべ』がオープンしました。
しかも宍道湖などの観光地のほどちかくというロケーションなので、出雲大社への参拝や松江観光とあわせて
訪れたいお店です。

取り扱うのは、常時100種類以上もの御朱印帳。島根ならではの、出雲大社をモチーフにしたものや社紋、
出雲の名産品である勾玉、日本神話に登場する因幡の白兎といった御朱印帳です。
旅のお土産品として、御朱印愛好家の友達やこれから御朱印を集めるという人へもぴったりの贈り物を探せそうです。

 

どんな御朱印帳があるのか見てみましょう

では、『しるべ』ではどのような御朱印帳を取り扱っているのでしょうか。

勾玉モチーフの御朱印帳。いままでありそうでなかった珍しい柄ですね。

sub5

出雲大社の社殿にかかる大注連縄と、社殿の屋根に交差するようにして伸びた2本の板木(千木)を
モチーフにした御朱印帳。粋でモダンな図柄ですね。

御朱印帳袋というと、巾着型がスタンダードですがこれはポーチのような型状です。横向きに出し入れするのも
珍しいのではないでしょうか。因幡の白兎に千木、勾玉と水引の図柄です。
オープン間もないこともあり、まだサイト上はほぼ準備状態(2015/03/27現在)。
今後、通販などのサービス拡充が図られるかわかりませんが要チェックのお店だといえそうです。

 

?icon-external-link?ご朱印帳専門店『しるべ』

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND