新熊野神社の御朱印

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someoneBuffer this pagePrint this page

新熊野神社の御朱印

 

京都にある新熊野神社の御朱印です。書籍でこの御朱印をみてからずっと「欲しい」と思い続けていたので
念願叶って授与いただけました。

新熊野神社は平安時代創建の後白河法皇ゆかりの神社

新熊野神社の御朱印

1160年に後白河法皇によって創建された新熊野神社(いまくまのじんじゃ)。
当時、熊野信仰といって和歌山県にある熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社の熊野三山が
出自を問わず、厚い信仰をうけていました。古来、こうしたお山は女人禁制などの厳しい制限がありましたが
熊野に関しては制限を設けておらず、多くの人が参拝にやってきたそうです。

平安時代は特にこの熊野信仰が盛んで、時の権力者たる後白河法皇も幾度も足を運んでいました。
といっても、当時はそう頻繁に通える場所ではありません。そこで京都に熊野神社を勧請し、創建されたのが
この今熊野神社なのです。

造営は平清盛・重盛親子が担い、京都における熊野信仰の中心として栄えました。
社内には、樹齢900年を超えるといわれる大きな「影向の大樟」があります。創建の折、熊野神社から
この地に運ばれ、後白河法皇がお手ずから植えた木なのだとか。

新熊野神社の御朱印

 

熊野神社といえば、やっぱり八咫烏

御朱印の押し印にもあるとおり、熊野神社といえば黒いカラスが有名です。このカラス、ただのカラスではなく
八咫烏(やたがらす)といいます。サッカーの日本代表チームのエンブレムにも採用されているので、
一度はこの名前を耳にしたことがある人もいるはずです。

八咫烏は神武天皇を樫原宮に導いたとして、日本神話に登場する鳥です。目標達成や勝利などの願いを
叶えるシンボルとなっているほか、不幸や災難の身代わりになる鳥ともされています。

この今熊野神社でも八咫烏のお守りが数多く用意されていました。

後白河法皇が植えた大樟の若木は、希望者にはメールやファックスでお分けいただけるそうです。
ただし、申込者が多い場合にはしばらく待ったり、一時受付中断をすることもあるとか。

また、オリジナルとおぼしき御朱印帳も用意されていました。

特に変わった御朱印帳ではなく、白地に文様の入ったシンプルなものです。せっかくなので
八咫烏の御朱印帳があればいいのに、と思いましたが…。

 

今熊野神社

ご祭神:伊弉諾尊
旧社格:村社

京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町42

京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町42
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someoneBuffer this pagePrint this page

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で