妙本寺の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

妙本寺の御朱印



 

妙本寺の御朱印

神奈川県鎌倉市にある妙本寺の御朱印(御首題)です。

日蓮宗を代表する寺院

1260年(文応元年)に創建された妙本寺は、日蓮聖人を開山とする寺院です。境内には比企一族の供養塔があります。これは日蓮聖人と滅亡させられた比企一族の生き残りであった比企能本の出会いによって、この妙本寺が作られたことに起因します。当時、鎌倉幕府の将軍後継者争いが起きており、1203年に北条時政によって一族郎党ふくめ800人余りが滅ぼされます。わずか2歳だった能本は難を逃れて京都で儒学者となり、大成して鎌倉幕府の儒学者として出仕した際、鎌倉の辻に立って法華経の説法をしていた日蓮聖人に出会います。その姿に感銘をうけた能本は深く帰依して、屋敷内に法華堂を建立します。これが現在の妙本寺の元となるのです。

 

【関連記事】

 


この御朱印はここでもらえます

妙本寺

山号:長興山
宗派:日蓮宗

神奈川県鎌倉市大町1-15-1

神奈川県鎌倉市大町1-15-1
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND