神田明神の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

神田明神の御朱印



神田明神の御朱印

東京・神田にある神田明神の御朱印です。神田明神は通称で、正式名称は「神田神社」といいます。

 

世に有名な平将門ゆかりの神田明神

社伝によると、神田明神は730年には創建されていたといいます。
その後は、平将門の乱で知られる平将門が京都で処刑され、晒されていた首が関東に持ち帰られて神田明神の近くに葬られることになります。これが、いわゆる世に知られる将門の首塚です。

のちに関東地方の武将から崇敬を受けますが、一方で14世紀初頭に疫病が流行するなど天変地異も多発。これが将門の祟りだとして、1309年に神田明神に合祀されました。

太田道灌らの信仰を集めたほか、関が原の合戦で勝利を治めた徳川家康も出陣に際して神田明神で必勝祈願をしていることから、神田明神の祭礼を継続して執り行うことを命じたそうです。

近代ではパナソニックの創立で知られる松下幸之助も、この神田明神を深く信仰するなど多くのビジネスマンが商売繁盛の祈願に訪れています。

 

【関連記事】

 


この御朱印はここでもらえます

神田明神

ご祭神:大己貴命、少彦名命、平将門命
旧社格:旧准勅祭社、旧府社、別表神社

東京都千代田区外神田2-16-2

東京都千代田区外神田2-16-2
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

PR/RECOMMEND