広島護国神社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

広島護国神社の御朱印



広島護国神社の御朱印

広島にある広島護国神社の御朱印です。

 

英霊をお祀りする広島の鎮魂社

広島護国神社は、広島城址公園内に鎮座する神社で戊辰戦争を戦った、78柱の旧藩士を祀ったのがはじまりだそう。その後、第二次大戦を含む戦乱により命を落とした英霊をお祀りして今日に至ります。
社殿は広島に投下された原子爆弾の爆心地にも近く、すべて焼失してしまい現在の社殿等は平成になり竣功したものです。

広島護国神社の周辺は現在、市役所や美術館、オフィスなどが建ち並び広島の官庁街として発展しています。
不思議なことに、ここの鳥居の下に立つとそんな周囲の雑踏がすべて取り払われたかのような静寂感に包まれます。

地元のプロ野球球団・広島東洋カープの必勝祈願が毎年ここで行われるほかお正月の参拝客が数多く訪れるそうですが、時に静かに平和を感謝し、これからの平和を祈る神社として訪れたいものです。

 


この御朱印はここでもらえます

広島護国神社

ご祭神:戊辰戦争で戦没した英霊、原爆で犠牲になった学徒や女子挺身隊の英霊
旧社格:別表神社

 

広島県広島市中区基町21-2

広島県広島市中区基町21-2

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

PR/RECOMMEND