烏森神社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

烏森神社の御朱印



烏森神社の御朱印

東京・新橋にある烏森神社の御朱印です。

新橋の繁栄と守護の神様を祀る

新橋駅近くにある烏森神社は、940年(天慶3年)に平将門の乱を平定するため出陣する藤原秀郷が戦勝祈願を行った際に、白い狐がやってきて白羽の矢を与えました。秀郷はその矢をもって戦い、速やかに乱を平定することができたといいます。これを感謝した秀郷はお礼に一社勧請しようと考えたところ、夢でふたたび白い狐が現れて神烏が集まるところに神社を建てるように告げました。

その言葉に従い、秀郷が探し当てたのが現在の烏森神社が建つ一帯でした。ここに秀郷が神社を造営、現在の烏森神社となりました。

 

 

【関連記事】


 


この御朱印はここでもらえます

烏森神社

ご祭神:倉稲魂命、天鈿女命、瓊々杵尊
旧社格:不明

 

東京都港区新橋2-15-5

東京都港区新橋2-15-5
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

PR/RECOMMEND