本能寺のご朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

本能寺の御朱印



京都にある本能寺の御朱印です。

誰しもが知る「本能寺の変」で知られる寺院

本能寺といえば、すぐに思い起こすのは織田信長が家臣であった明智光秀に襲撃を受けた本能寺の変ではないでしょうか。その舞台となった本能寺は明智光秀が討ち入った当時の場所と現在地は異なり、かつては堀川四条の近くにありました。

現在ある寺町御池の本能寺は豊臣秀吉が後年、移転を命じて再建させたもの。その後も大火や、蛤御門の変などの戦火に巻き込まれ幾度となく焼失し、今の本堂は1928年に建てなおされています。

境内には、本能寺で討たれた織田信長の墓もあります。

本能寺の御朱印

御朱印には、織田家の家紋も押し印されていました。「妙法」のほかにお題目もあります。

 

【関連記事】


この御朱印はここでもらえます

本能寺

宗派:法華宗本門流
ご本尊:南無妙法蓮華経曼荼羅
寺格: 大本山

 

京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522

京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

PR/RECOMMEND