下御霊神社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

下御霊神社の御朱印



京都市上京区にある下御霊神社の御朱印です。

貴人の御霊を祀り災禍から守ろうとした下御霊神社

歴史書によれば平安時代の貞観5(863)年、最古の「御霊会」と呼ばれる祭祀が行われました。災害や疫病の流行は、政争によって冤罪となり無念の死を遂げた貴人の怨霊がもたらすものと恐れられていたのです。「御霊会」とは、そうした怨霊を御霊としてお祀りして慰めるための催しでした。下御霊神社は、創始年代は不明ですがこの頃に鎮座したと考えられています。

創始当時は寺町今出川のあたりだとされ、現在の場所に移ったのは天正18(1590)年のことです。御所の鎮守として「御霊八所神」をお祀りしています。


この御朱印はここでもらえます

下御霊神社
京都府京都市上京区新烏丸通丸太町下る信富町324

京都府京都市上京区新烏丸通丸太町下る信富町324

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND
error: コピーできません