源光庵の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

源光庵の御朱印



源光庵の御朱印

京都にある源光庵の御朱印です。

 

伏見桃山城の遺構「血天井」がある本堂

源光庵の御朱印

1346年(貞和2年)に開創された源光庵は、当初臨済宗の寺院でしたが江戸時代になって曹洞宗に改まりました。現在の本堂は1694年(元禄7年)に創建されました。本堂の天井には「血天井」と呼ばれる伏見桃山城の遺構があります。これは1600年(慶長5年)、徳川家康の家臣・鳥居元忠とその一党が石田三成の軍勢と戦い、討ち死にした際の血を浴びたものといわれています。

 

本堂にあるふたつの窓

源光庵の御朱印

源光庵の見どころは血天井だけではありません。それが本堂にある「悟りの窓」と名付けられた丸窓と「迷いの窓」と名付けられた角窓です。「悟りの窓」は「禅と円通」の心を表しており、「迷いの角窓」は人間の生涯を象徴しているのだそう。窓からは四季の移ろいによって変化する庭木の様子が訪れる人々の目を楽しませています。

 


この御朱印はここでもらえます

源光庵

山号:鷹峰山
宗派:曹洞宗
ご本尊:釈迦如来

京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47

京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

PR/RECOMMEND