佛国寺の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

佛国寺の御朱印



佛国寺の御朱印

韓国・慶州市にある佛国寺(仏国寺)の御朱印です。

 

1995年に世界遺産登録された古寺

R0001875

仏国寺は751年に宰相によって創建された寺院です。1995年に近隣の史跡、石窟庵とともに「石窟庵と仏国寺」としてユネスコの世界遺産に登録されました。新羅の仏教美術の造形美は国内外から高い評価を得ています。

R0001884

山門の仏像はどことなくユーモラス。

R0001919

奉納された提灯。白とピンクの二種があり、それぞれに奉納者の名前が記載されていました。

R0001939

観音堂には、韓国三十三観音聖地の第23号寺院にあたることを記した表札も掲げられていました。

 

御朱印はお土産物を買う場所で授与しています

R0001889

広い敷地内の案内板に漢字で御朱印の案内もあり、ハングルがわからなくても大丈夫。

R0001900

案内板では「佛国寺美術館」と書いていますが、英語表記のとおり土産物店というべき場所。朱印帳とありますが、実際は御朱印帳は取り扱いはありませんでした(2016年3月現在)。書き置きの半紙にお店の人がその場で日付を書き入れてくださいます。
お参りした日もそうでしたが、日本から修学旅行生も多いそうでカンタンな会話であれば日本語が通じました。「御朱印はありますか?」と聞くと冒頭の朱印を出してくださいます。

 

ちょっと不便だけど行ってみる価値あり!

仏国寺のある慶州市は、韓国のガイドさんから「日本でいう京都のような古都」と言われることが多いようです。
でも、実際に行ってみると古墳や古い寺院が点在していて奈良のような古代ロマンを感じさせてくれる場所でした。

ソウルや釜山からは高速鉄道のKTXに乗って新慶州で下車し、タクシーで45分ほどかかります。

R0001975

仏国寺にかぎらず、慶州市の観光地は殆どが駅から車で数十分かかる不便な場所にあります。せっかくの観光地なのになぜ? と思わずにいられません。観光案内所のガイドさんの話によれば、近くを掘ると遺構が出てきてしまうため、離れた場所に駅を作るしかなかったのだとか。

「屋根のない博物館」ともいわれる慶州の遺跡群。広範囲に施設が点在しているので、じっくり見て回るなら一日がかりでお出かけするとよいかもしれません。タクシーで見どころをぐるっと回ってもらうだけでも、車窓から古墳や古戦場跡を見ることが出来ます。

 


この御朱印はここでもらえます

仏国寺

宗派:曹渓宗
寺格:曹渓宗 第11教区本寺
御本尊: 釈迦三尊仏

15-1 Jinhyeon-dong, Gyeongju-si, Gyeongsangbuk-do, 大韓民国

15-1 Jinhyeon-dong, Gyeongju-si, Gyeongsangbuk-do, 大韓民国
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

PR/RECOMMEND