法輪寺の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

法輪寺の御朱印



京都にある法輪寺、別名・達磨寺の御朱印です。御朱印では「達磨寺」と書かれていますね。
いくつもの達磨の押し印が押されているユニークな御朱印で、人気が高いのだとか。

 

古いお寺が多い京都では珍しい?江戸時代後期に開山した法輪寺

開山から千年を超えるお寺も少なくない京都にあって、江戸時代後期の享保年間に開山した法輪寺。
住宅街にひっそりと建つ小さなお寺ですが、境内には至るところに達磨がいっぱい!

達磨堂と呼ばれるお堂の入り口にも達磨が! 中に入って見ると・・・

とにかくすごい数の達磨です。表情もおなじみのものから、珍しいお顔まで多種多彩。
その数8000体といわれるから驚きです。三国一と言われている起上り達磨もあるのだとか。

 

法輪寺

山号:大宝山
宗派:臨済宗妙心寺派
ご本尊:釈迦如来

京都市上京区下立売通西大路通東入ル

京都市上京区下立売通西大路通東入ル
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND