鶴羽根神社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

鶴羽根神社の御朱印



鶴羽根神社

広島にある鶴羽根神社の御朱印です。

社殿の背後にある山の形から名付けられた神社

鎌倉時代の創建と伝わり、当時は椎木八幡宮と名乗っていたそうです。
明治になるとこの地を治めていた浅野家12代藩主の命令により鶴羽根八幡宮に改称、数年後に現在の鶴羽根神社となりました。

鶴羽根神社の御朱印

社殿の裏にある二葉山が、鶴が羽根を広げたように見えることに因んだのだといいます。写真ではわかりにくいですが、鳥居の奥にみえるのが二葉山です。

鶴羽根神社の御朱印

社内には、山縣豊太郎の銅像が建っています。広島出身の民間パイロットで、大正8年5月5日に行われた東京遷都50周年祝賀行事で愛機・鶴羽根号を操縦し、上野の上空で宙返りを披露したのだそうです。これは、民間人としては初の偉業だったといいます。

鶴羽根号は、山縣豊太郎の氏神である鶴羽根神社の名前からとったとか。

 

【この近くで頂ける御朱印】

明星院の御朱印
饒津神社の御朱印
広島東照宮の御朱印

 

鶴羽根神社

御祭神:品蛇和気命(応神天皇)、息長帯比売命(神功皇后)、帯中津日子命(仲哀天皇)
伊佐奈伎乃命、伊佐奈美乃命
旧社格:不明

広島市東区二葉の里2-5-11

広島市東区二葉の里2-5-11

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND