香椎宮の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

香椎宮の御朱印



福岡にある香椎宮の御朱印です。

今も宮内庁から勅使が訪れる勅祭社

西暦200年、熊襲征伐の途中で仲哀天皇が急逝し、神功皇后が祠を建て天皇の神霊を祀ったのが起源といわれる、日本の歴史とともにあるといっても過言ではない悠久の神社です。
朝廷からの崇敬は厚く、伊勢神宮、氣比神宮、石清水八幡宮とあわせて本朝四所ともいわれる香椎宮。
現在でも10年に一度、吉日を選んで宮内庁からの勅使をお迎えしているのだそう。敷地内には、全国的にも珍しい鶏を祀った神社もあります。

 


この御朱印はここでもらえます

香椎宮

ご祭神:
<主神>仲哀天皇、神功皇后

<配祀>応神天皇、住吉大神

旧社格:官幣大社、別表神社、勅祭社
ご神徳:国家安寧、世界平和、家運隆盛、外交、子授け、芸能上達、安産育児、土木治水


福岡市東区香椎4-16-1

福岡市東区香椎4-16-1

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND