蟠龍寺の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

蟠龍寺の御朱印



蟠龍寺

東京・目黒にある蟠龍寺の御朱印です。

 

お顔のかけたお地蔵さんのいわれとは

蟠竜寺は1698年に建立された古刹で、山手七福神のひとつ。芸事の上達のご利益があるとされる“弁財天”を祀る岩屋弁財天がある寺院としても知られています。

そんな弁財天のお堂のすぐ近くに、お顔が欠けたお地蔵様が安置されています。

蟠龍寺
もともとは浅草にあったお地蔵様だそうですが、関東大震災によって被災し蟠竜寺へ移されたのだとか。ご住職のお話によれば、お顔が欠けているのは震災の影響では……とのこと。このお地蔵様は『おしろい地蔵』とも呼ばれていて、美人祈願に多く訪れているといいます。
そもそもの由来は、顔にあばたのある娘さんが「あばたが消えますように」と願掛けをしたところ、きれいに消えたとの言い伝えによるものなのだそう。

その御利益を期待してか、江戸時代には歌舞伎役者が、美肌の願掛けに数多く訪れるようになったといいます。当時使われていた白粉は鉛を多く含んでいたために、長期間使用をすると様々な中毒症状に侵されて、時には命を落とす人もいました。役者は顔が命ともいわれる職業。鉛の使用によって肌色も黒ずんでしまうため、更に厚く白粉を塗りこめていたのです。
美しい肌を取り戻すため、使っている白粉を持参して、おしろい地蔵の顔に白粉を塗り、美肌を祈ったのだといわれています。

 


この御朱印はここでもらえます

蟠龍寺
山号:霊雲山
院号:称明院
宗派:浄土宗
ご本尊:阿弥陀如来
その他:山手七福神(弁財天)

東京都目黒区下目黒3-4-4

東京都目黒区下目黒3-4-4

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND