赤城神社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

赤城神社の御朱印



赤城神社

東京・神楽坂にある赤城神社の御朱印です。
かつては赤城大明神とも呼ばれていたそうですが、明治維新の頃に
現在の赤城神社に改称されました。

創建は古く、1300年頃に群馬県赤城山麓に住む豪族が移住した際、
群馬の赤城神社を分霊したのが始まりだといわれています。

日枝神社、神田明神と共に、この赤城神社は「江戸の三社」と称されたそうです。

 

赤城神社

ご祭神:岩筒雄命、赤城姫命
旧社格:郷社

公式HPはこちらから⇒

東京都新宿区赤城元町1-10

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND