陶山神社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

陶山神社の御朱印



佐賀県西松浦郡にある陶山神社(すえやまじんじゃ)の御朱印です。「とうざんじんじゃ」とも呼ばれています。

有田焼の窯元や陶工に崇敬された「有田焼陶祖の神」

応神天皇を主祭神としてお祀りする陶山神社は、万治元(1658)年に有田皿山代官の命によって、神之原八幡宮の御分霊を勧請して創建されました。創建時は「有田皿山宗廟八幡宮」という社名で、有田焼の窯元や陶工、そして有田に住まう人々すべての守護神としてお祀りされたのです。

境内には地元の窯元が奉納した有田焼の灯籠や鳥居、狛犬などがいっぱい。

明治20年に奉納された有田焼の狛犬は装飾も独特。

一部破損していますが、明治21(1888)年に奉納された高さ3.65m、横3.9mの有田焼の鳥居もユニーク。境内のそこここに陶器の奉納品を目にすることができます。

陶山神社ならではのお守り、御札も必見

有田焼陶祖神ということで、授与所にならぶお守りや絵馬も陶器製。焼き物が好きな人なら、あれもこれもと欲しくなってしまいそうです。


この御朱印はここでもらえます

陶山神社

佐賀県西松浦郡有田町大樽2-5-1

佐賀県西松浦郡有田町大樽2丁目5−1

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND