大豊神社の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

大豊神社の御朱印



京都市左京区にある大豊神社の御朱印です。

 

狛ネズミに狛鳶、狛猿がいる大豊神社

「ねずみの杜」として知られる大豊神社。社殿によると887年(仁和3)に宇多天皇の病気平癒を祈願するために建てられた神社で、今も治病健康に御神徳があるとして崇敬されています。

特徴的なのは、境にある末社の日吉社や愛宕社、大国社の前に置かれた狛鳶や狛猿、狛ネズミです。

愛嬌あるお顔の狛ネズミ。ほかにも…

狛猿と珍しい神使の像が並び、多くの人が全国からやってきます。

 


この御朱印はここでもらえます

大豊神社

御祭神:少彦名命

京都府京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1

京都府京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1

 

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND