常照寺の御朱印

常照寺の御朱印

京都にある常照寺の御朱印です。

 

本阿弥光悦の発願によって建てられた寺院

常照寺の御朱印

洛北にある常照寺は、1616年(元和2年)に本阿弥光悦の発願によって身延山から日乾上人を招いて開創されました。江戸時代、京都の廓で名妓としてその名が知られた吉野太夫が深く日乾上人に帰依し、私財を投じて山門を寄進しました。そのため、吉野門と呼ばれるようになりました(写真)。諸芸に秀で、豪商とのロマンスは歌舞伎の演目にもなったため、今でも歌舞伎役者がこの寺院を訪れ手を合わせているとか。吉野太夫の死後、遺言によって日乾上人の廟の裏手に葬られました。

 

常照寺の境内の見どころ

常照寺

境内には鬼子母神をお祀りした鬼子母尊堂のほか、歌舞伎俳優の片岡仁左衛門らによって建てられた歌碑、珍しい「帯塚」などがあります。

 

 

この御朱印はここでもらえます

常照寺

山号:寂光山
宗派:日蓮宗

京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町1

京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町1
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからお願いします。

【こんな本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

★ブログもやってます
日本やアジアを旅して観た・食べたものを写真たっぷりめで更新しています。こちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で