湯島聖堂の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

湯島聖堂の御朱印



湯島聖堂の御朱印

東京・御茶ノ水にある湯島聖堂の御朱印です。

 

5代将軍・綱吉によって建てられた学問所

湯島聖堂の御朱印

湯島聖堂は、悪法と名高い「生類憐れみの令」を発布した徳川5代将軍・徳川綱吉によって1690年(元禄3年)に建てられました。学問好きだった綱吉は、自らが城内で学問を家臣に教えるほど。そんな学問に熱心な綱吉が儒学の振興を図って建てられたのが湯島聖堂でした。

1922年(大正11年)には国の史跡に指定されたものの、関東大震災によって殆どの建物が焼失。現在の湯島聖堂の建物は保存修理工事によって1993年に公開されたものになります。

 

広い敷地内に建つ巨大な孔子像

湯島聖堂の御朱印

緑豊かな湯島聖堂は、都会のオアシス的な存在で平日でも多くの人が散策を楽しんでいます。敷地内に建つ孔子の銅像は高さ4.57メートルと世界最大の高さ。

湯島聖堂の御朱印

また、近くには「楷樹」が大きな枝を広げています。これは大正時代に種子を中国から持ち帰り、聖木として植えられました。書道で「楷書」という書体がありますが、これはこの木が語源になっているとか。

 

御朱印は事務所でもらおう

湯島聖堂の御朱印

御朱印は昌平坂から入った門の横にある事務所の受付にてお願いして書いていただけます。写真はその建物の外観です。

 


この御朱印はここでもらえます

湯島聖堂

東京都文京区湯島1-4-25

東京都文京区湯島1-4-25

 

 

この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。日本全国やアジアを旅するのが好き。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND