東林院の御朱印 | 御朱印と寺社旅の情報マガジン「ご朱印びと」

東林院の御朱印



東林院の御朱印

京都市右京区にある妙心寺の塔頭寺院・東林院の御朱印です。
別名「沙羅双樹の寺」とも呼ばれる東林院。御朱印には沙羅双樹の花の印が入り、華やかさを添えています。

ただし、この東林院の御朱印は併設する宿坊に宿泊するか花が咲く6月の特別拝観時、精進料理の料理教室に参加した人のみ授与いただけます。

 

タイミングが合えばぜひ参加したい特別拝観やイベント

東林院の御朱印

広い妙心寺の一角にある東林院は、享禄4年(1531)に細川氏綱が父の菩提を弔うために建立されました。通常は非公開の寺院ですが、本堂の前の寺庭には沙羅双樹の花(夏椿)が数多く植えられ、白い花が咲く6月の梅雨時には「沙羅の花を愛でる会」が催され、お参りすることができます。

東林院の御朱印

また、書院庭園は夜間特別公開の「梵燈のあかりに親しむ会」も。住職が作る煩悩を消し去る灯り「梵燈」が寺内を照らしだす、幽玄の世界を楽しむことができます。

千両の庭と呼ばれる中庭を眺めながら頂く「小豆粥で初春を祝う会」も人気のイベントです。

東林院の御朱印

 


この御朱印はここでもらえます

東林院

山号:正法山
宗派:臨済宗妙心寺派
ご本尊:釈迦如来

京都府京都市右京区花園妙心寺町59

京都府京都市右京区花園妙心寺町59
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。著書は『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。
観たり、食べたりしたものはブログにて写真たっぷりめで更新中。お仕事のご依頼・ご相談はコンタクトフォームからお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

PR/RECOMMEND