建仁寺の御朱印

建仁寺の御朱印

京都にある日本最古の禅寺、建仁寺の御朱印です。
中央に書かれた「拈華堂」拈華堂とは建仁寺にある法堂の別称で、天井に描かれた双龍図が有名です。

 

【関連記事】

 icon-external-link 建仁寺の御朱印帳

 

この御朱印はここでもらえます

建仁寺

宗派:臨済宗建仁寺派
ご本尊:釈迦如来
寺格:大本山、京都五山三位

京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町584

京都府京都市東山区小松町598
この記事を書いている人:大浦春堂(syundo ohura)
編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからお願いします。

【こんな本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

★ブログもやってます
日本やアジアを旅して観た・食べたものを写真たっぷりめで更新しています。こちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で

1 comment

Comments are closed.