御朱印帳を持ち歩くときに「御朱印帳袋」はいかが?

御朱印帳を持ち歩くときに「御朱印帳袋」はいかが?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someoneBuffer this pagePrint this page

「よし、お参りをしよう」と思いたち、寺社に行く際に携帯する御朱印帳。
観光旅行や参拝・参詣時だけ持ち歩く人もいれば、常に携帯しているという人も。
御朱印帳を持ち歩くために、どんなことに気をつけていればよいのでしょうか。

御朱印帳は汚さないように持ち歩きたい

御朱印帳をむき出しでカバンに入れるよりも、できれば袋に入れて
持ち運びをしたいもの。
新しい御朱印帳を授けていただくと、透明なビニールカバーに包まれています。
これは汚れや傷から御朱印帳を守るという役割があるのですが、
寺社でこのカバーをつけたまま御朱印をお願いすると
とても嫌がられることがあるのです。

カバーの形態にもよるのですが、金具でカバーを開閉するタイプの場合に
表面がデコボコしているため、書くときに安定させられず
文字も書きにくい上に印判も押せないのだといいます。

もちろん、書いていただくたびに着脱をすれば問題ありませんが
なかなか億劫な動作でもあります。

 

御朱印帳袋という「袋」に入れて持ち歩く

御朱印グッズを取り扱うショップや、一部寺社では御朱印帳を入れるための
専用の袋「御朱印帳袋」を販売しています。

巾着袋のような形状が一般的ですが、トートバッグ型などもありますので
好みのタイプを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someoneBuffer this pagePrint this page

この記事が気に入ったら
いいね !してください

Twitter で